Bootstrap 3 でdatepickerを使う

Bootstrap ダウンロード

最近、Bootstrapというものを使い始めました。CSSを細かく書かなくてもclassなどを指定するだけでいい感じの見栄えにしてくれるすぐれものです。

プロトタイプなど、そこまで見栄えを気にしなくてもいいけど、でもやっぱカッコイイほうがいいなあ、というときにぴったり。

Bootstrapは周辺UIパーツが充実しています。今回は、日付をカレンダー的なUIで取得するDatePickerを使用したのでその設定方法をメモ。

サンプルページはこちらです。

Bootstrapをテンプレートから導入

BootstrapはHTMLのテンプレートがあるので、コピってきます。今回使っているのはBootstrap v3.0.2。バージョンが2から3になって色々変更があったようです。

テンプレートはここにありますので、コピペしましょう。バージョンに合わせて最新のテンプレートにしたほうが良さげです。

[html]
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Bootstrap 101 Template</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<!– Bootstrap –>
<link href="css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">

<!– HTML5 Shim and Respond.js IE8 support of HTML5 elements and media queries –>
<!– WARNING: Respond.js doesn’t work if you view the page via file:// –>
<!–[if lt IE 9]>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/html5shiv/3.7.0/html5shiv.js"></script>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/respond.js/1.3.0/respond.min.js"></script>
<![endif]–>
</head>
<body>
<h1>Hello, world!</h1>

<!– jQuery (necessary for Bootstrap’s JavaScript plugins) –>
<script src="https://code.jquery.com/jquery.js"></script>
<!– Include all compiled plugins (below), or include individual files as needed –>
<script src="js/bootstrap.min.js"></script>
</body>
</html>
[/html]

Bootstrap本体を設置

まずBootstrap本体をサイトからダウンロードします。

Bootstrap ダウンロード

ダウンロードすると以下の様なファイル一式が入ったZIPが確認できると思うので、とりあえず解凍します。
[bash]
bootstrap/
├── css/
│ ├── bootstrap.css
│ ├── bootstrap.min.css
│ ├── bootstrap-theme.css
│ └── bootstrap-theme.min.css
├── js/
│ ├── bootstrap.js
│ └── bootstrap.min.js
└── fonts/
├── glyphicons-halflings-regular.eot
├── glyphicons-halflings-regular.svg
├── glyphicons-halflings-regular.ttf
└── glyphicons-halflings-regular.woff
[/bash]

この解凍してできたフォルダ自体を「bootstrap」という名前にして今書いているHTMLと同じディレクトリに設置しました。というわけでbootstrap.jsや.cssのソースのパスもテンプレートから変更してます。
[html]
↓これを
<link href="css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
↓こう変えた
<link href="bootstrap/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
[/html]
[html]
↓これを
<script type="text/javascript" src="js/bootstrap.min.js"></script>
↓こう変えた
<script type="text/javascript" src="bootstrap/js/bootstrap.min.js"></script>
[/html]

Datepickerの設置

こちらからソースをダウンロードします。

bootstrap datepicker

こちらも解凍すると「js」「css」「less」という3つのフォルダの入ったフォルダが出来上がるので、「datepicker」というフォルダ名にして先ほど作った「bootstrap」のフォルダに入れます。

さらに、Bootstrap.jsや.css同様にHTMLにタグを追記します。出来上がったテンプレートが以下。
[html]
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Bootstrap 101 Template</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<!– Bootstrap –>
<link href="css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
<!– DatePickerを追加 –>
<link href="bootstrap/datepicker/css/datepicker.css" rel="stylesheet">

<!– HTML5 Shim and Respond.js IE8 support of HTML5 elements and media queries –>
<!– WARNING: Respond.js doesn’t work if you view the page via file:// –>
<!–[if lt IE 9]>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/html5shiv/3.7.0/html5shiv.js"></script>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/respond.js/1.3.0/respond.min.js"></script>
<![endif]–>
</head>
<body>
<h1>Hello, world!</h1>

<!– jQuery (necessary for Bootstrap’s JavaScript plugins) –>
<script src="https://code.jquery.com/jquery.js"></script>
<!– Include all compiled plugins (below), or include individual files as needed –>
<script src="js/bootstrap.min.js"></script>
<!– DatePickerを追加 –>
<script src="bootstrap/datepicker/js/bootstrap-datepicker.js"></script>
</body>
</html>
[/html]

 

 

DatePicker用のJavascriptを書く

ここはDatePickerのサイトからコピペしました。トップページのソースを見るとサンプルが全て明確に書いてあるので、欲しい機能の部分だけコピーします。
[javascript]
$(function(){
$(‘#dp1’).datepicker({
format: ‘mm-dd-yyyy’
});
});
[/javascript]

これをscriptタグで囲んでさきほどのHTMLにコピペします。

Bootstrap3向けにHTMLを書く

datepickerのサイトはbootstrap2向けっぽいので、微妙に変える必要があります。
以上で設定は終わり。
サンプルページはこちらです。
フォームをクリックするとカレンダーが出てきます。

[html]
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>Bootstrap 101 Template</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
<!– Bootstrap –>
<link href="bootstrap/css/bootstrap.min.css" rel="stylesheet">
<!– DatePickerを追加 –>
<link href="bootstrap/datepicker/css/datepicker.css" rel="stylesheet">

<!– HTML5 Shim and Respond.js IE8 support of HTML5 elements and media queries –>
<!– WARNING: Respond.js doesn’t work if you view the page via file:// –>
<!–[if lt IE 9]>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/html5shiv/3.7.0/html5shiv.js"></script>
<script src="https://oss.maxcdn.com/libs/respond.js/1.3.0/respond.min.js"></script>
<![endif]–>
</head>
<body>
<div class="col-xs-2">
<h2>Example</h2>
<p>Attached to a field with the format specified via options.</p>
<div class="well">
<input type="text" class="span2 form-control" placeholder=".col-xs-2" value="02-16-2012" id="dp1" >
</div>
</div>

<!– jQuery (necessary for Bootstrap’s JavaScript plugins) –>
<script src="https://code.jquery.com/jquery.js"></script>
<!– Include all compiled plugins (below), or include individual files as needed –>
<script src="bootstrap/js/bootstrap.min.js"></script>
<!– DatePickerを追加 –>
<script src="bootstrap/datepicker/js/bootstrap-datepicker.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(function(){
$(‘#dp1’).datepicker({
format: ‘mm-dd-yyyy’
});
});
</script>
</body>
</html>
[/html]

サンプルページはこちらです。

Please follow and like us:

JavaScript 日付に日にちを加算する

Javascriptはいい感じに空気を読んでくれるのですが、いざというときにどのクラスなのかわからなくなってしまうというのがもどかしいです。

今日は文字列として受け取った日付を加算したりする方法で手こずりました。

日にちを加算する

[javascript]

// データの最終日をDateオブジェクト化
// まずはdayという文字列の日付を作成
var day = ‘2013-11-29’;
// 文字列をDateオブジェクト化
var date = new Date(day);
// ここから10日追加する
var i = 10;
var dateObj = new Date(date + i * 86400000);

[/javascript]

日にちを2013/11/01という文字列として表現する。
(2013/11/1ではだめ。01にしたい。)

[javascript]

// さきほど作ったdateObjを使う。
var dateStr = String(dateObj.getYear()+1900) + "/" + ("0" + (dateObj.getMonth()+1)).slice(-2) + "/" + ("0" + dateObj.getDate()).slice(-2);

[/javascript]

JavaScriptはカジュアルだけど、その分厳密な操作が難しいっすね。

Please follow and like us: